当グループのこだわり

当グループの5つのこだわり

 

こだわり1 味へのこだわり 鮮度にこだわり当日限りの美味しさを

当グループでは徹底した鮮度を追求し、本物の味と安全を確保しております。当グループ1番人気の商品「あみレバー」など仕入れた当日のみしか提供しないオペレーションを徹底しております。その為「食肉センターのレバーやホルモンなら食べられる」と言ったお言葉も頂いており、鮮度が失われた為のホルモンの臭みなどが無く苦手なお客様でもご賞味頂けてる現状でございます。
各店舗で一枚一枚手切りをし、お肉の大きさや厚さなども独自基準を作り仕込みをおこなっております。仕込みには時間がかかりますが「お客様に最高の状態で食べていただく為」手間、ヒマは惜しみません。

こだわり2 素材へのこだわり 栃木県提携牧場から厳選和牛を一頭買い

食肉センターグループの独自の流通ラインも引き継ぎ、更なる味・品質の向上を目指し、新宿食肉センターグループでは栃木県提携牧場から一頭買いもおこなっております。契約牧場では生産のプロのもと良質な黒毛和牛に育てる為、ブレンドされた飼料はもちろんのこと牛のストレスも最小に抑え最高の和牛に育つ為のすべてのことを努力して頂いております。北海道の牧場も合わせますと1万頭以上になる和牛から、新宿食肉センターグループで厳選したものを仕入れおります。

こだわり3 安心・安全へのこだわり 日本希少保有「細胞破砕装置」による検査精度向上を確立

2001年10月、BSE検査(狂牛病検査)が日本でも行われるようになりました。当グループでは検査体制の確立を実現すべく、いち早くその方法に着手し牛全頭、スクリーニング(「ふるいわけ」による判別)検査によるBSE検査(ELISA法)を行ってきました。
BSE検査は4ステップからなるELISA法を用いて陰性、陽性の判定を行っています。
さらに、BSE陰性特定部位の専用焼却炉(空気を完全に遮断した状態でBSE陰性特定部位を加熱・熱分解させ、ダイオキシン類はもちろん悪臭や煙が発生しないバッチ式炭化装置)を国内食肉加工センターでいち早く導入し、二次感染をシャットアウトすることに成功しました。
以上は高崎食肉サンタ―施設によるものです。 

こだわり4 和牛・国産へのこだわり(一部商品を除く) 至高と究極がおりなす味のハーモニー THE極

肉の味が美味しいのはもちろんのことですが、何よりも安心して食べていただくこと。それは「品質へのこだわり」です。衛生管理にも従業員一人一人が気を配り、社外機関による抜き取り検査の実施や社内検査員による衛生チェックも実施しています。
さらに牛や豚は環境に合った独自の飼料と水、空気、太陽環境で、ストレス無くのびのび肥育された安心・高品質な牛や豚です。また、野菜や米も地元の物を使用しています。大量の堆肥と稲わらを土に加えてつくられた土から採れたものばかりです。(タンは商品品薄の為、輸入も扱っております。)

こだわり5 ガスロースターへのこだわり 炭焼きスタイルからの脱却。新しい焼き方のご提案

排気を外に出すガス式テーブルロースターを用いています。ガス火の特徴はその炎にあります。
炎の先端が最も高温になる性質があり、直接食材を焼くと表面がすぐに焦げてしまいます。しかし、間に熱媒体にロストルと呼ばれる厚い金属板を用いることで、ガス火の熱を拡散させ、別の種類の熱に変換します。
したがって、炭火に含まれるような遠赤外線の輻射熱をガス式ロースターでも出せるように工夫されています。お客様自身がお客様のお好みで焼くシーン。ちょっと多めに焼きたい時。両面をさっと強めで焼きたい時。まさにベストマッチではないでしょうか。

 
ページの先頭へもどる